ほとんどのギャンブラーは、カジノのフロアに立ち、一晩で億万長者になり、貧乏からお金持ちになることを夢見ている。でも私たちは、勝つのはいつも店側だという人々によく出くわします。カジノでお金を儲けるチャンスはほんのわずかで、多くはそんなものだというのです。ほとんどの場合、彼らの言うとおりになります。しかしながら、幸運にもあっという間に大金持ちになる人もいるのです。ここにカジノ業界の歴史における、そんな大勝利のリストをあげてみます。

・ラスベガスでのいつも通りのある夜、ケリー・パッカー氏はブラックジャックとポーカーのゲームで運試しをしてみることにした。その夜幸運の女神は彼に味方し、2000万から4000万ドルもの巨額のお金を手に入れた。

スロットマシンから一括の大当たりを見抜くのは難しいことが多い。しかし、第二次世界大戦中には獣医をしていたというエルマー・シャーウィン氏は、新規開店の10時間後に、460万ドルもの賞金を獲得した。彼はそのお金で世界を旅行し、再び運を試すことにした。それから16年後、彼はさらに2100万ドルを手に入れ、その一部をハリケーン・カトリーナの犠牲者をケアする慈善事業へと寄付した。

カジノで勝つ

・ドン・ジャクソン氏は有名なブラックジャックの達人だ。彼は、まるで自分のバンドメンバーのようにルールを把握していた。ただ、彼のアプローチは独特なものだった。彼はカジノの運営者やディーラーに公正に交渉と取引を行うことによって大金を稼いだのだ。この技術により、彼は6か月に1回の割合で3か所の別のカジノから1500万ドルを手に入れた。

・2000年1月26日、あるモンテカルロのウエイトレスは、スロットで自分の運を試してみようと決めたその日、将来の義理の母の誕生日を祝っていた。9回目にスロットを引いたとき、彼女は34,959,458.56ドルもの大金を手にした。この金額は、カジノの歴史上で最も高額なジャックポットだとされている。

・60歳の女性はかつて、ウィール・オブ・フォーチュンを回し6万8000ドルを手にした。しかし、彼女はそのお金を次の運試しにつぎ込んでみることにした。挑戦は功を奏し、彼女はジャックポットで巨額のお金を手に入れた。

・映画『21』(邦題:『ラスベガスをぶっつぶせ』)の中で披露されるカードカウンティングの手法は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のブラックジャック・チームからヒントを得た戦略だった。彼らは、何百万ドルというお金を自分たちの懐へ引き込むメカニズムを作り上げ、最終的に自分たちの資金を管理するチームを雇うほど裕福になった。

結論

ジャックポットと引当金に関して言えば、ギャンブルはカジノの中でとても一筋縄ではいかないものと考えられます。陸上にあるカジノの場合は特に。なぜなら、どのような戦略を取ろうとも、店側が常に勝利するからです。ただ、運があなたに味方する日もあります。そのときは、瞬く間に億万長者になることができます。好機と粘り強さの問題です。